【amazon】新品と中古品の見分け方

アイキャッチ画像 ライフスタイル
Amazonで買い物をしたら中古品が届いてびっくり!Amazonで売られている商品は全部新品じゃないの?

amazonで売られている商品には、新品と中古品があることをご存知でしょうか?

amazonで購入した商品が、「開封済みだった」「明らかに中古品だった」「amazonなのに信用出来ない」というネット上の書き込みを目にすることがあります。

それはもしかしたら新品を注文したつもりが、知らず知らずのうちに中古品を注文してしまったのかもしれません。

もちろん「中古品の方が値段が安いから」とか「新品が販売終了していて中古品しかない」という理由で、敢えて中古品を選んで購入する場合はいいのですが、新品を注文したつもりが届いた商品が中古品だったらびっくりしますよね。

この記事ではそんな失敗をしないように、amazonで商品を注文する時の新品と中古品の見分け方をご紹介します。

アイキャッチ画像

【2020年版】Amazonプライム会員がお得すぎてやめられない理由

amazonには個人やamazon以外の業者も出品することが出来る

amazonで販売している商品は、amazon本体が販売しているだけでなく、個人でもamazon以外の業者でも出品して販売することが出来るんです。

実はかつて私も読み終わった本やCDをamazonに出品して販売した経験があります。

登録さえすれば、私のような普通の主婦でも簡単に出品することが出来るんです。

ただメルカリと違って、購入者は中古の本とは言え「amazonで買った」という認識があるので、発送する時の梱包はメルカリ以上にプロ感?が出るように気を遣いました(笑)

このように個人の出品者や、実店舗を持つ電気店、古本店、個人経営のショップなど様々な業者がamazonに新品・中古品を出品することが出来ます。

amazonでは新品と中古品が販売されている

Amazon販売ページの画像

こちらはamazonの販売ページの画像ですが、中古品が出品されている場合は「新品」を選択する欄の下に「中古品」を選択する欄が表示されています。

ここで、本当は新品を購入したいのに何となく値段につられて「中古品」をクリックして選択してしまうと、中古品がカートに入ってしまうので注意が必要です。

amazonで購入する時の新品と中古品の見分け方

次にamazonで商品を購入する時の、新品と中古品の見分け方をご紹介します。

新品を選択して購入する場合

Amazon新品・中古品を選択する画面

例えばこの本を購入したい場合、新品の単行本は2,618円でamazonから販売されていることが分かります。

そして真ん中の赤で囲った部分を見ると、次のように表示されています。

¥1,000より 95 中古品
¥2,570より 14 新品
¥5,127より 2 コレクター商品 

これは

  • 95の出品者が中古品を出品していて、最低価格が1,000円ですよ
  • 14の出品者が新品を出品していて、最低価格が2,570円ですよ
  • 2の出品者がコレクター商品を出品していて、最低価格は5,127円ですよ

ということを意味しています。

新品を購入する場合は【¥2,570より 14 新品】をクリックすると詳細が表示され、ここから選んでカートに入れることが出来ます。

Amazon新品出品者一覧画面

この例の場合、amazonが販売していて、送料を含めて一番安いので一番上の「Amazon.co.jp」を選択してカートに入れればいいですね。

ちなみに、【¥2,570より 14 新品】で「2,570円が最低価格ですよ」と案内してくれていますが、その業者の詳細を見てみると本代2,570円+配送料が1,098円かかるので最安値ではありませんでした。

また、amazonが在庫切れで販売していない時もあります。

その時は他の業者などから選ぶことになるのですが、amazonが在庫切れというのに便乗して価格が高騰していることもあるので注意してください

中古品を選択して購入する場合

中古品の詳細を見る時は、【¥1,000より 95 中古品】をクリックします。

Amazon中古出品者一覧画面

価格の安い順に中古品の一覧が表示され、価格や商品のコンディション(状態)などをこのページで確認してからカートに入れることが出来ます。

先程の新品の例にもあったように、本体価格が安くても、配送料が高く設定されていることもあるのでよくチェックしてください。

amazon以外の出品者の場合、その出品者の評価も重要なポイントです。

「95%の高い評価(13,000件)」のように、数字と口コミが表示されているので、信頼出来そうな出品者を選ぶと安心ですね!

中古品の方が新品より高く出品されていることもある

Amazon中古品の方が新品より値段が高い例

上の画像は、新品の本がamazonから1,430円(送料無料)、中古品が業者から1,881円(+配送料)で販売されている例です。

このように、なぜか中古品の方が新品よりも高く出品されているということが時々あります。

amazonの新品商品が在庫切れになった時を狙っているのでしょうか。

そんな時は新品より高い価格でも売れるのかもしれませんね・・・。

余談ですが、amazonが提供している電子書籍サービスKindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)というのがあるのですが、例にあげた2,618円の「1日1ページ読むだけで身につく世界の教養365」や1,430円の「雑談力」などの本がKindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)で今なら30日間無料で読めちゃいます。

私も無料体験中なんですが、雑誌や本が読み放題でめちゃくちゃ楽しめますよ^^

こちらの記事で詳しくご紹介しているので、よろしければご覧ください。

アイキャッチ画像

Kindle Unlimitedを無料期間30日間だけ楽しんでみる

【amazon】新品と中古品の見分け方のまとめ

amazonで商品を購入する時の、新品と中古品の見分け方をご紹介しました。

この記事でご紹介した見分け方を知っていれば、「新品を注文したつもりが間違って中古品を購入してしまった」という悲劇を避けることが出来ると思います。

また、中古品を購入する場合は、商品の価格と配送料だけでなく、商品のコンディションや出品者の評価も合わせてチェックして信頼出来そうな出品者を選んでくださいね。

この記事が、amazonで安心してお買い物を楽しむ為のご参考になれば嬉しいです。