【551の豚まん】の持ち帰り|においの対策にはチルドがおすすめ

アイキャッチ画像 グルメ・食品
大阪土産に「551の豚まん」を買って帰りたいけど、新幹線に持ち込んだ時のにおいが心配・・・。豚まんはかなりにおうよね。

関西ではあまりにも有名な551の豚まん。

大阪土産としても大人気です。

私は今は関東在住ですが、関西出身なので帰省した時は必ず551の豚まんを買って帰ります。

そこで問題なのが、新幹線車内での豚まんの「におい問題」。

とっても美味しい551の豚まんですが、すごーくにおいます・・・。

長時間乗る新幹線車内でにおいを充満させてしまうのは、ちょっと気が引けますよね。

この記事では大阪土産で人気の「551の豚まんを持ち帰る時のにおい対策」をご紹介します。

結論からお伝えすると、チルド(冷蔵)の豚まんを買うとにおいを最低限に抑えることが出来ますよ^^

551の豚まんを新幹線や電車に乗って持ち帰りたい方はぜひ参考にしてくださいね。

551の豚まんのにおい、気にしている人は実際にいるのか?

551蓬莱の豚まんの画像
出張で大阪に行った夫がお土産に買ってきてくれた551の豚まん

電車内に持ち込まれたほかほかの551の豚まん。

そのにおいに周りは気付いているのか?みなさんどれぐらい気にしてるのか、ツイッターを検証してみました。

やはり、電車内での551の豚まんのにおいは相当なようで、気にされている方のツイートがたくさんありました。

「においテロ!?」なんて言われることもあるとかないとか・・・。

私もかつて豚まんの「においテロ」問題を知らなかった時代、新幹線に乗り込む前に豚まんを買って、車内で食べたことがあります。

kurumi
こんなににおいで迷惑をかけていたとは。。若気の至り?でした。ごめんなさい・・・。

【551の豚まんの持ち帰り】チルド(冷蔵)を買うとにおいが軽減される

箱を開けた551蓬莱の豚まんの画像
チルド(冷蔵)の豚まん

「電車内でこんなににおいで迷惑をかけてしまうなら、もうお土産に豚まん買えない・・・」なんて諦めないでください。

551では、ほかほかの豚まんの他に、チルド(冷蔵)の豚まんも販売されているんですよ。

買ってすぐにほかほかの豚まんをほうばるのでなければ、チルド(冷蔵)を買ってお持ち帰りして、レンジでチンして温めて食べるのも美味しさは同じです。

値段も温かい豚まんと同じで4個入り760円

チルド(冷蔵)の場合はそもそも温かい豚まんよりにおいが控えめですが、さらに保冷バッグに入れてもらうのがポイント。

551蓬莱の保冷バッグの画像
保冷バッグ:口の部分はマジックテープでしっかり閉じられます

保冷バッグは小150円、大200円でつけてもらえるのですが、これに豚まんの箱を入れて口の部分のマジックテープをぴったりと閉めるとにおいがかなり漏れにくくなります!

保冷バッグを購入すると、約5時間持ち歩ける保冷剤を入れてもらえるので、ニオイだけでなく長時間移動の温度面でも安心です。(保冷バッグ購入なしの場合は約3時間までの保冷剤を入れてもらえます)

チルド(冷蔵)豚まんの消費期限は、製造日含めて5日間です。(チルドの方が温かい豚まんより消費期限が長い)

ちなみにこの551の保冷バッグは、普段使いとしても「かわいくて丈夫で使いやすい」と関西では人気なんだとか。

関西人の551愛を感じますね。

そして、保冷バッグに入れて持ち帰った豚まんは、レンジでチンするとほかほか美味しくいただけますよ。

お皿に乗せた551の豚まんの画像
kurumi
ひとつひとつ手作りされた551の豚まんは、皮も具もずっしりしていて美味しいんです!

【551の豚まん】は新大阪駅で買える

551蓬莱の豚まんは、関西の多くのお店で販売されています。

関西での販売店を検索したい方はこちらからどうぞ。

今回は大阪土産として551の豚まんを購入して新幹線に乗ることを想定して記事を書いていますので、新大阪駅での販売場所をお伝えします。

新大阪の551蓬莱ショップ地図
出典:551蓬莱公式サイト

新大阪駅で新幹線に乗る直前に購入するなら、

  • Ⓐエキマルシェ新大阪店(温かい商品・チルド商品どちらも販売)
  • Ⓑ新幹線新大阪駅店(チルド商品専売)

の2店舗が改札内にあるのでおすすめです。

【551の豚まん】は通販でお取り寄せ可能

大阪土産に人気の551の豚まんは、わざわざ大阪に行かなくてもお取り寄せ出来ます。

楽天の販売ショップでは、豚まん10個と焼売10個のセットが一番人気で、口コミ件数は2200件以上!

そして口コミをした人の約91%が☆5つ☆4つの高評価をしています。(2020年12月9日時点)

コンビニなどで買う肉まんよりも味は薄いように感じますが、付属のカラシを付けて食べれば十分ですし、何よりお肉そのものの味が楽しめてかなり満足。シュウマイもお肉がみっちりしていて食べ応え十分。2日ほどでペロリと食べきってしまったので、今度は豚まん20個をリピートさせて頂きました。

口コミ参照:楽天市場みんなのレビュー

ステイホーム中 551の豚まんが食べたくて 購入しました。モチモチ ズッシリの生地、中はジューシーで美味しい。焼売も小腹がすいたときに、もっちり感があり美味しく頂きました。

口コミ参照:楽天市場みんなのレビュー

豚まんが大きいことは知っていましたが、焼売もデカい!物凄く食べ応えがありました。豚まんも焼売も、肉に甘味があって、とても美味しかったです。

口コミ参照:楽天市場みんなのレビュー

私も昔から551の豚まんが大好きです!

見た目が手作り感満載の豚まんは、持ってみるとずっしりとした重みを感じます。

ほんのり甘い生地(皮)は厚みと弾力があり、具は玉ねぎとお肉がジューシーで、ぎっしり詰まっているので食べ応え十分!

生地(皮)のほんのりした甘みと具の塩気のコンビネーションが本当に美味しいんですよ。

添付のからしをつけるとさらに美味!

kurumi
ずっしり食べ応えのある551の豚まんを食べると、ふわふわ生地の豚まんじゃ物足りなくなっちゃうかも!?

【551の豚まん】持ち帰りのにおい対策にはチルドがおすすめ

大阪土産に人気の「551の豚まん」をなるべくにおわせずに新幹線に持ち込む方法をご紹介しました。

551の豚まんを持ち帰る時のにおい対策
・チルド(冷蔵)の豚まんを購入

・保冷バッグに入れてもらう(マジックテープで口をしっかり閉じる!)

これでにおいを気にせず美味しい豚まんをお土産に持って帰れますよ^^

保冷バッグ代150円~200円はかかりますが、約5時間持ち歩ける保冷剤も付けてもらえるので安心です。

せっかくの美味しい551の豚まんのお土産を、においを気にして諦めるなんて残念です。

ぜひ新大阪駅でチルド(冷蔵)豚まんを購入して、おうちでほっかほかを楽しんでくださいね!

わざわざ関西まで行ってられない!という方にはお取り寄りよせも大人気です☟